不具合を第3の賞与に変えるプロジェクト。

工機不具合報告(2017年10月度)と改善の取り組み

MC部 板倉 2017.11.23

10月度の工機からの流出不具合の報告をさせて頂きました。 今回、優先すべく項目に対して問題点を洗い出し、なぜそうなったのか、 真因を探し出し、どう対策していくかについて上位への報告を致しました。

また「安全・きれい・快適な職場つくり」という工機Gの取組の中で、材料置場の環境を良くしていく計画を報告させて頂きました。
上位からのアドバイスは、「作業場を徹底的に綺麗にして欲しい。男性からの目線ではこんなものだと思ってしまうが、女性目線で見れば不便、不快、不潔さを感じるはず。あきらめないで、少しづつで良いから改善に努めてください。」とご指導を頂きました。

また、しくみ改善Tからの報告をさせて頂きました。上位からは「すべてのしくみを考えるのは大変なので、確実にやれることからやっていく。たとえば、管理しやすい商品群に絞って基本のしくみを作っていく事から始めたらどうか?」というアドバイスを頂きました。

今回の報告で強く感じたことは、工機メンバーと私たち管理者が一緒に考え、一緒に悩む事が大切で、ひとりひとりがモチベーションを上げながら改善に取組み、メンバーが成長していくきっかけになるようにしなければいけないと思いました。

次回以降の報告では、「安全・きれい・快適な職場つくり」の経過報告と、工機G全員で取組んでいる継続テーマ「みんなで一歩前活動」の報告をさせて頂きたいと存じます。

従業員会
39ランチ
希望年収PROJECT
日本一おいしい食堂PROJECT
KITO USA Letter / 海外の現場から

一覧に戻る