不具合を第3の賞与に変えるプロジェクト。

工機不具合報告(2018年6月度)と改善の取り組み

MC部 板倉 2018.07.26

6月度の工機の不具合報告をさせて頂きました。 今回、流失した不具合の中で、優先項目に対し問題点を洗い出し、なぜそうなったのか、真因を探し出し、どう対策していくかについて上位への報告を致しました。

工機Gの2018年度の取組で、「一歩前活動」として「出図遅れに対する取組」について報告させて頂きました。 上位からは「出図遅れの要因に対してもっと深堀りをしていく必要がある。」とアドバイスを頂きました。 納期が無くなり、切羽詰って出図するケースでは不具合に繋がるケースがあります。また、納期が無くなり、後工程が日程を順守すべく生産計画を変更しなくては行けなくなります。
それを改善すべく私たちは、これからも出図遅れの要因分析を行う事で、設計者が困っている事、出来ていない事に早期に手が打てるヒントに繋げられる活動として続けて行きたいと思っています。

従業員会
39ランチ
希望年収PROJECT
日本一おいしい食堂PROJECT
KITO USA Letter / 海外の現場から

一覧に戻る