従業員会

『2019年春季連休工事安全ルールを守る会』開催

安全衛生担当 重松 2019.04.18

4月17日(水)トヨタ自動車様からご来賓をお迎えして

従業員・派遣・パート及びパートナー様 全176名の出席のもと

「当事者意識を持ってチームKITOで考える会」と題し

2019年春季連休工事前の『安全ルールを守る会』を開催致しました。

 

会の冒頭では、笠原社長より、<スローガン>

“アイデアと人の和” Key Ideas & Teamwork Organization   のもと、 

働く事を通して、社会貢献、お客様の満足感を体験し達成感(やりがい)をあじわって、

世界一の “総合エンジニアリング&モノづくりメーカ” を目指そう!と激励のお言葉を頂きました。

 

今回の春季連休工事は、国内12工場、工事件数27件、延べ人数698名

海外では3工場、延べ9名の海外SV出張者により工事が行われます。

 

KITOの「安全ルールを守る会」では、

従業員、派遣、パート、パートナー様含めた、チームKITOの全員で、

「現地作業を具体的に自分に置きかえて危険源を洗い出す」と題し、

ワールドカフェ方式で事前KYを実施しています。

 

ボデー系、ユニット系それぞれの重点工事の具体的なリスクアセスメント事例の報告が行われました。

 

 

連休工事携わる約700名のKITOの仲間から

「災害」は、絶対に起こさない、「絶対に怪我をさせない」という強い意識・想いを持って 

チームKITOの全員で安全指差唱和を行いました。

 

災害を未然防止のため、トヨタグループの構内作業における過去に発生した災害、自社の災害・ヒヤリ・不安全指摘を教訓に、安全を最優先とし、

春季連休工事を「無事故・無災害・無指摘」ゼロ災害 で乗り切ります。

39ランチ
希望年収PROJECT
日本一おいしい食堂PROJECT
不具合PROJECT
KITO USA Letter / 海外の現場から

一覧に戻る