希望年収PROJECT

希望年収を叶えるプロジェクト

2014年から行われている、従業員が自分の年収希望金額を申し出て、その実現を図るというプロジェクトです。



従業員の満足度を向上していく活動の一つですが、従業員会の助けを得ながら、KITOに働く一人ひとりが考えて実現するものです。決して会社(他の人)がやってくれている活動ではなく、従業員が主体的に考え、実行することで、希望に対する達成率が高い数値になりました。



例えば希望年収(増額)をかなえる為には、3つの方法があるとします。



生産性(仕事の質)を変えないまま、労働時間を増やす。(毎年の賃金改定額分の生産性向上は必須)

生産性(仕事の質)を向上して、仕事の付加価値を上げる。(仕事の質を高めて昇格する)

付加価値がついていない部分に、あらたに付加価値をつけていく。



それぞれに対して、どんな活動をすれば実現できるのかを自分たち自身で考え、実行に移していきます。ただし、活動が会社の利益に結びついていなければ、年収に反映されることはありません。



こうして、論理的に考えられた活動が実行されることで、会社の利益が向上し希望年収が叶えられていく仕組みが、従業員が肚落ちすることによって作られていくのです。従業員と会社が、Win(希望年収)-Win(利益)の関係であることの意義を理解した上で、活動について考えることができるため、より実効性のある活動が生まれてくることにつながります。

従業員会
39ランチ
日本一を目指すPROJECT
KITO USA Letter / 海外の現場から
不具合PROJECT
その他

一覧に戻る