KITO U.S.A.,CHINA,THAILAND / 海外の現場から

日本と米国の自動車保有税金の違い

KITO U.S.A. 宮川 2016.09.27

TAX

 

今回のletter from U.S.A.は皆さんの身近な税金の一つ。

「自動車税」について日本と米国の違いをお伝えしようと思います。

少し、堅苦しいお話ですので簡単に かいつまんで お話します。

 

■日本の自動車税

納税時期:5月頃に一律

日本では4月1日時点で自動車を保有していると、5月頃に各自治体から、自動車の税金を納めるための納税通知が送られてきます。

 

納税金額:排気量により累進課税

日本の自動車税は排気量によって税金の金額が異なりますが、おおむね3万円(1ℓ)~5万1千円(3ℓ)の税金がかかります。

 

■米国の自動車税

納税時期:誕生月・会社設立月

米国でも、自動車を保有していると自治体(州)から、自動車の税金を納めるための納税通知が送られてきます。

 

納税金額:ほとんど一律課税

米国の税金は州によって異なりますが、KITO U.S.A.があるKentucky州の自動車税(正確にはCOMMON WEALTH OF KENTUCKY CERTIFICATE OF REGISTRATIONと呼びます)は、おおむね30ドル~40ドルくらいです。

 

米国は世界的にみても自動車に関わる税金の安い国です。

おそらく自動車がないと生活できないので、税金が安いのかなぁ?

と考えをめぐらしています。

 

ピックアップトラックと乗用車
ピックアップトラックと乗用車

 

奥は「プレリュード」ホンダの乗用車 (決して小さいわけではありません)

手前は「タンドラ」トヨタのPickup Truck (デカい)

でも、税金は安い。

 

また、次回のレポートをお楽しみに。

従業員会
39ランチ
希望年収PROJECT
日本一おいしい食堂PROJECT
不具合PROJECT

一覧に戻る