リトルリーグ

全日本リトルリーグ野球選手権大会in長野県上田市

CP部 渡辺 2016.08.01

 7月30日(土)に、今NHKの大河ドラマで話題になっている、長野県上田市で、JA共済杯第50回全日本リトルリーグ野球選手権大会が開催されました。そして今年は、日頃から会社として応援している、豊田リトルリーグが東海地区代表として出場したため、試合の応援に梅村主査と行ってきました。 
 これまで練習場へは差し入れ等に伺ったことがありましたが、対外試合を見るのは初めてでした。現地に到着したら、チームの関係者や、父兄の方々にあいさつしたあと、試合を観戦しました。 
 今回は全国大会ということで、選手たちの父兄はもちろんのこと、おじいさん、おばあさんたちも北海道や九州などの遠隔地から応援に来てくれているそうです。

豊田チームベンチ 盛んな声援
豊田チームベンチ 盛んな声援

 

出場している選手は全員、小学6年と中学1年ですが、さすがに全国大会に出てくるだけあって守備のうまさと、ピッチャーの球の速さには驚きました。

 

1回戦は東北の青森弘前と対戦しました。豊田チームの先発の畔柳君は東海随一と言われるだけあって圧巻のピッチングでしたが、相手の投手も要所を締めるピッチングで点を許さず1対1のまま延長戦となりました。そして延長9回の裏、劇的なサヨナラホームランで勝利しました。

 

リトルリーグは成長期の選手のひじや肩を守るため、ピッチャーの1試合当たりの球数制限(85球)がきびしく決められており、所定の球数を投げたら交代しなければなりません。豊田チームも先発畔柳君の後を受けた2番手以下の投手が頑張って追加点を許さず、味方が反撃するまでよく辛抱したと思います。

豊田チーム攻撃中!
豊田チーム攻撃中!
1回戦試合結果 サヨナラ勝ち!!
1回戦試合結果 サヨナラ勝ち!!

 

 2回戦は東京の調布チームと対戦しました。1回戦の大乱打戦を制して勝ち上がってきたチームです。豊田チームのピッチャーも力投しましたが、強力打線に打ち込まれ大差で負けました。結局この調布チームは、翌日(7/31)の準決勝、決勝を勝ち抜き優勝しました。豊田チームとの2回戦が、事実上の決勝戦ということにしましょう。 
 今回試合に参加した中学1年生はこの9月にリトルリーグを卒業するそうです。数年後にこの中から、甲子園で活躍する選手が出てくるかもしれません。とても楽しみです。また、来年も新しい選手が続いてくれるよう、応援をして行きたいと思います。

豊田チーム攻撃中!(その2)
豊田チーム攻撃中!(その2)
2回戦試合結果 良く打たれました。残念!
2回戦試合結果 良く打たれました。残念!

Super GT
名古屋グランパス
ラグビーヴェルブリッツ
女子ソフトボール
マラソン・駅伝

一覧に戻る