レッドテアリーズ

トヨタ自動車レッドテリアーズ応援

CP部 岡内秀美 2019.04.16

2019年4月13日(土)名古屋市瑞穂球場にて、

女子ソフトボール1部リーグ開幕節が行われました。

地元愛知でトヨタ自動車レッドテリアーズの開幕戦ということもあり、応援席は満員でした。

 

今回は笠原社長、玉村主任、新入社員7名と

トヨタ自動車RED TERRIERS VS ビックカメラ高崎BEE QUEEN の試合を

真っ赤なユニホームに着替え応援しました。

 

昨年の決勝戦でも戦った相手(ビックカメラ高崎)だけに、

初回から両投手、気迫のピッチングでお互い1点も許さない展開が続きました。

 

4回、3番の坂元選手がソロホームランで先制すると

5回にすぐさま追いつかれ1-1の同点のまま7回を終えました。

 

ソフトボールでは7回終了時同点の場合、

タイブレークという無死二塁から攻守を行う延長戦に入ります。

8回表に1点追加されると、その裏の攻撃は無得点に終わり2-1で惜しくも敗戦となってしまいましたが、

選手の気迫溢れるヘッドスライディングや、華麗な守備、豪快なバッティングに

真っ赤な応援スタンドからは歓声が終始沸き起こっていました。

 

【 新入社員の感想 】

・坂元選手がホームランを打ったときの客席の一体感がとても気持ち良かったです。

・会場に沢山に人が居て、同じチームを応援していると、他人ですがなぜか一体感の

 ようなものが生まれ、すごく熱くなれました。

・ソフトボールはチームで行うスポーツで投手の制球が乱れたり、打たれたりした時に

 チームメイトの声掛けやフォローによって投手が安心して投げることができるように

 なります。このように一人で抱え込むのではなく仲間と助け合いながら課題に挑戦する

 ことが大切だと感じました。

 

トヨタ自動車レッドテリアーズの連覇が達成できるように、これからもKITOは応援します!

Super GT
名古屋グランパス
ラグビーヴェルブリッツ
マラソン・駅伝
リトルリーグ

一覧に戻る