トヨタ自動車ヴェルブリッツ

ヴェルブリッツ応援レポート【2015-16シーズン最終戦】

MC部 板倉 2016.01.23

2016年1月23日(土)曇り時々雪

今日は朝から、冷え込みが厳しく、氷点下で今年一番の寒波が来ていました。

そんな中、本日の応援メンバーは、会長、取締役と私の3名でした。

今日は、いつもより30分遅れの11時半に出発しました。

いつもは車の中でおにぎりを食べながら、行くのですが、会長におにぎりはまずいかなあと思いながら向かいました。

現地に着くと、さっそく、ヴェルブリッツ応援テントに向かい、KITOからの差し入れを渡したところ「いつもありがとうございます。」とスタッフから声をかけられました。

今日の相手は、キャノンイーグルス。先回のプレシーズン戦ではトヨタが負けています。

今日は、5位決定戦、絶対に負けられません。応援にも熱が入りそうですが、とにかく寒い、困ったものでした。(笑)

3人応援団

 

すでに会場では、近鉄対NTTの試合が始まっていました。

トヨタの応援席を確認した所、いつもの左側ホーム側の席ではなく、右側のアウェイ側の席でした。てっきりホームだからと思っていましたが、こんなこともあります。

席をキープし、前の試合を見ていると、なんと雪が降ってきましたので、ひとまず、ひさしがある上の席に移動しました。

ところが、上に上がると人も居ないせいか、さらに風も吹き込んで、寒くて、大変でした。カイロを両手で握りしめていたのですが、カイロが冷たく暖かく感じません。

ここ瑞穂グランドは、食堂も無いし、休憩所も無いので避難する所がありません。

お腹は空くし、寒かったので、おにぎりをみんなで食べることにしました。会長も冷たいおにぎりを一緒に食べられました。その姿をみて、何か心が温まりました。

 

やがて、M専務様がトヨタ選手席に向かってくる所で、会長先頭に全員でご挨拶した所、「いつもありがとうございます。」と声をかけてくださいました。

試合が始まると、トヨタが開始3分、素早い攻撃でトライし、幸先良いスタートをきりました。今日は勝利のパターンになりそうだと直感しました。

トライ

 

スクラム

 

トヨタは、スピード、技術とも上回り、キャノンは始終押され気味でしたが、キャノンも、ボールを取ってからのパス回しで、何度かトヨタの守備を突破していました。

応援団は、キャノンは、歌を歌ったり、息の合った応援でしたが、トヨタの応援は、割と静かな印象がありました。

チアリーダー

 

試合終了間際にトヨタのトライが入りそうな時、ゴールライン手前でのパス回しでボールを落としてしまい、「ノーサイド」。 結果は、48対17で圧勝でした。最後のトライは残念でしたが、試合内容は、始終押し気味のペースで、見ごたえのある今シーズン最後の試合でした。

ラインアウト

 

応援席周辺の関係者も歓喜に沸き、勝利を喜んでいた所、M専務様が、応援席を回り、お礼のご挨拶をされていました。私たちもご挨拶をし、会場を後に致しました。

 

昨年9月から始まった「ジャパンラグビートップリーグ」、トヨタの結果は、16チーム中5位でした。

トヨタは5勝2敗、優勝、準優勝のパナソニック、東芝は6勝1分でした。「プレリーグ」ではトヨタはパナソニックに勝利しています。チャンスはあると思うので次のシーズンは、優勝をめざしてがんばって欲しいです。

 

KITOラグビー応援活動も2014年から始まり、定着してきましたが、今回女子の初参加者の中で、試合を見て、ラグビーが好きになった方も見えました。

ぜひこれからも新しいメンバーがどんどん応援に参加して、ラグビーを好きになって、応援活動の輪を広げていけたらと思いました。

今シーズン、皆様応援活動、お疲れ様でした。

Super GT
名古屋グランパス
女子ソフトボール
マラソン・駅伝
リトルリーグ

一覧に戻る